スポンサードリンク

管理人のサイト-です。

今日は電子タバコの持ち込みできない国について書いてみます。

これは僕も初耳で全く知りませんでしたが、知らずに持ち込んでしまうと
痛い目あいそうですね…。

 

電子タバコ持ち込みが禁止の国

まずは、タイです。


水タバコその他の加熱式タバコ iQOS、グロー、ブルームテックも同様で
タバコに似せた製品も持ち込み禁止。

最大で懲役刑10年 そして罰金も170万円という高額です。

知らなかったでは、済まされません!

 

シンガポール電子タバコ持ち込み禁止

水たばこ、噛みたばこ等共々、電子たばこの所持も持ち込みも禁止です。
所持しているだけで最高日本円で80万超の罰金および最高6ヶ月の禁固刑(初犯の場合)に
処せられるそうです。恐ろしいから気を付けましょう。

スポンサードリンク

 

台湾の電子タバコの持ち込みも禁止

台湾への電子タバコの持ち込みは禁止となり、機内持ち込み、受託手荷物として預け入れも不可ですが台湾出国時は、機内持ち込み手荷物としてのみ可能となります。

台湾では、ビンロウがあるにも関わらず…電子タバコがNGの理由が分かりませんね。
ビンロウとは 合法ハーブで軽い興奮・酩酊感が得られるもので噛みタバコとも言われます。

罰金などは、良く分かりませんが出国時に手荷物としてOKという事で、台湾には電子タバコ店は、あるそうです。

とりあえず持ち込みNGという事は間違いないようです。

 

電子タバコは、アイコス、グロー、ブルームテックなど それに類似したものもNGですので出国の時には、再度確認しましょう^^

 

関連記事はこちら

電子タバコCBDリキッド 電子タバコランキング



【旅行サイト】


【国内格安激安航空券をゲットする方法】



【キャンセル枠でお得に泊まる】



【厳選したホテルや旅館を探す お薦め】